マイクロプラスティックのおしゃべり

この間の朝刊で読んだ物語なのですが、ミクロプラスティックというものが海洋汚染をしているようですね。
1mmよりもちっちゃな微粒子が、ヤツやヤツ以外の生き物に深刻な影響を与えているという。特に海洋埃などの大きなプラスティックもとが、海の中で壊れてだんだんと小さくなって細い断片になるとのことです。
このような現象をもたらす原因は、日光の中に留まるUVが光化学アクセスなる悲劇を起こすらしいのです。またミクロビーズと呼ばれる微粒子も、実態関わりに深刻な影響を与えるようです。そしたら家庭で代替をする場合、布から組立て繊維が脱落して、それが下水道に入り、最終的には海洋に流れ込みます。それを体内に吸収する魚が実態濃縮を起こして、ヤツが食べてしまえば当然ながら病になるに違いありません。ミクロプラスティックを摂取した海洋生き物がかぶる波紋は次の3つであると考えられています。第1位は「理解管の破損」です。第2位は「化学物質の臓器への展開」です。第3は「化学物資の内臓での濃縮」です。そうして海洋で検出された組立てオーガニック化学物質は10グループもあります。婦人を眠らせてイジメを添える結果有名な「クロロホルム」や赤ちゃんが口にすると有害な「塩化ビニル」などが含まれています。