成長の早さと楽しみと寂しさと。

初めての出産、子育てを始めて 8ヶ月になりました。

あんなにしわくちゃで、おさるさんみたいな顔つきだった息子は、今じゃクリクリのおめめで毎日ニコニコ笑顔を向けてくれます。

興味のあるものにズリズリ近付いていくし、なんでも口にいれてしまいます。

手先が器用になってきて、卵ボーロをつかんで食べられるようにもなりました。

歯が生え始め、角切りにした野菜もちゃんともぐもぐと口を動かして、大きな口をあけて食べています。

おすわりをして、じっと部屋の隅を見つめてみたり、おすわりからずりハイしてみたり、何をしていても本当に可愛いです。

今日も、扇風機に向かってズリズリ近付き、ボタンを触ってニコニコ楽しそうに遊んでいました。

離乳食も、6枚切の食パンを1枚ぺろりとたいらげてしまうほど食欲旺盛です。

久しぶりに食べたブロッコリーに嫌な顔していたのが可笑しくて、可愛くてたまりませんでした。

こんなにも、子育てというものは幸せの時間なんですね。

あっという間に自分で動けるようになった成長の早さには、驚いてしまいます。

何をするにも離れられないのは、今、ほんの一瞬だけです。

あっという間に私の手を離れ、1人で歩いていく姿を想像するだけで、今から寂しい気持ちになってしまいます。

一緒にいられる今この瞬間を、大切にして、わが子の成長をひとつも見逃さないようにしたいです。